家事にいそしむ妻でもキャッシングを利用するために

専業主婦がカードローン審査の前に気を付けたいこと5つ

クレジットカードのキャッシング、専業主婦になると使えなくなることをご存知ですか?収入の無い主婦がキャッシングやカードローンでお金を借りるには、専業主婦OKのカードローン審査に申し込みをしてみる以外に方法はありません。

専業主婦OKのカードローンならば、無職の主婦でもカードローンでお金を借りることができます。とは言うものの収入がなくても審査には不利にならないのか、どうして専業主婦でも審査に通るのか疑問です。

このページでは専業主婦がカードローンの審査に通るために、どのようなことに気を付けるべきか審査の注意点を分かりやすく解説しています。専業主婦でもカードローンの審査に通ることはできるのでしょうか?


要チェック!専業主婦がカードローン審査に通るためには

ここでは専業主婦がカードローンの審査に通るために注意するべきポイントを分かりやすく解説しています。自分自身に安定収入がある方と比較すると、専業主婦は限られた条件下でカードローンを利用することになるため、一度のチャンスを逃すことが無いよう慎重に審査に申し込みをすることが大切です。

専業主婦で審査に落ちてしまうケースは、専業主婦だからという理由ではなく、知識不足が原因になっていることがとても多いです。注意点をしっかりと頭に入れて、カードローンの審査に通る可能性を高めましょう!

旦那に安定収入があるかどうかを確認

専業主婦がカードローンの審査に通るためには、旦那に安定収入があるかどうかにかかっています。自分自身に収入の無い主婦でも旦那に与信枠があればカードローンの審査には通ります。ただし旦那が仕事をしていない場合やアルバイトの場合、専業主婦がカードローンの審査に通ることは難しくなるので注意しましょう。


過去5年間、自分自身に支払い延滞が無いか確認

専業主婦に関係なく、カードローンの審査に通るためには、過去5年間自分自身に支払いの延滞がないことが必要です。最近ではインターネット通販の後払いやコンビニ払いなど料金収納代行サービスを利用したケースでの支払いの忘れが多くなっています。クレジットカードだけでなく、このようなサービスの支払い延滞が無いように注意しましょう。


携帯電話の分割支払いの延滞は無いか確認

専業主婦がカードローンの審査に申し込みをする際、特に注意したいのが携帯電話やスマホ本体代金を分割支払いしているケースです。スマートフォンを分割払いで購入すると、その代金は毎月の電話代に含んで請求されますが、これはローンを組んでいるのと同じこと。携帯電話・スマホ代の支払いが遅れていると、少しの延滞でも信用情報に多く影響を与えてしまうので注意しましょう。


他社での借り入れ件数を確認

基本的に専業主婦が2件以上のカードローンを利用できることは稀です。自分自身に収入がない専業主婦はかなり限られた条件下でカードローンを利用することになります。

仕事をしていた時にクレジットカードのキャッシングを利用したことはありませんか?他社の借入残高が残っているとカードローンの審査に通りにくくなるので注意しましょう。


申し込みの際は記入ミスが無いか確認

専業主婦がカードローンの審査に申し込みをする際に多いのが、申し込み時の記入ミスです。よく分からないからと適当な数字を入力・記入してしまったり、バレたくないからとごまかしてしまうとカードローンの審査には通りません。専業主婦でもカードローンを利用できる可能性は十分にあるので、申し込み時の間違いには注意しましょう。


専業主婦でも通る審査の甘いカードローンはあるのか

カードローンはいろいろな業者からサービスが提供されており、それぞれの業者によって審査が甘いかどうかは基準によって異なります。

カードローンの審査に甘いかは業者がどのような基準で審査を行っているのかだけではなく、カードローンのスペックや限度額によっても大きく違いがあります。

一般的に消費者金融系カードローンの審査が最も甘いと言われていますが、いくら審査が甘いと言われても専業主婦は消費者金融に申し込むことはできません。専業主婦はどんなカードローンならば審査に通ることができるのでしょうか?


誰でも通るような審査の甘いカードローンは無い

それぞれのカードローン業者では独自の基準で審査が行われているため、審査に甘いと感じる方が多くても、実際にカードローンの審査に通るかどうかは別問題。専業主婦に限らず、いくら収入があっても審査が甘いので絶対に通ると言い切れるカードローンはありません。

原則としてカードローンは申し込みをする人本人に、安定かつ継続した収入があることが必要です。どのカードローンでも返せる見込みがある人でないと、カードローンの審査に通ることはできません。高収入でもスペックの高いカードローンの審査に希望通りの条件で通るとは限らないのです。

審査が甘いと言われるカードローンは、その分金利を高めに設定することで貸し倒れのリスクを軽減しています。逆に審査が厳しいカードローンはその分、好条件でカードローンが利用できるというわけです。

専業主婦が申し込みできるのは総量規制に該当しない金融機関のカードローン。銀行系カードローンならば専業主婦でも審査に申し込みができます。ただし絶対に審査に通るわけではないのでしっかりと対策をしておきましょう。


無職の主婦でもOKなキャッシングサービスに落ちることはある?

専業主婦に限らず、誰でもカードローンの審査に落ちてしまうことはあります。専業主婦の場合、ただでさえ限られた条件下で審査を受けるので、専業主婦はよりカードローンの審査に落ちやすいと思い込んではいませんか?

専業主婦がカードローンの審査に落ちないためには、審査落ちの原因を取り除いていくことが大切。審査落ちの可能性を最小限に抑えて、専業主婦でもカードローンを有効活用しましょう!


上の5つのポイントを押さえれば落ちる可能性は最小限になる

  • 旦那が定職についていること
  • 過去5年以内に支払いの遅れがないこと
  • 携帯電話・スマホ代金を分割払いしている場合、延滞がないこと
  • 他社の借入残高がないこと
  • 申し込み時の申告内容に間違いがないこと
先の見出しで紹介した5つのポイントにさえ注意をすれば、専業主婦でも十分にカードローンの審査に通る可能性はあります。専業主婦だからと言って無条件に審査に落ちてしまうことは絶対ありません。専業主婦OKのカードローン審査に落ちてしまうのは、「専業主婦だから」ということが原因ではなく何か別の理由があるのです。

本来カードローンは安定した収入がないと審査に落ちます。そのような中で専業主婦OKのカードローンは、専業主婦に収入がないことを前提にサービスを提供しているため専業主婦という理由で審査落ちすることはありません。逆に考えれば収入が少ないパート主婦が申し込みをするよりも、専業主婦としてカードローンの審査に申し込みをするほうが審査落ちの可能性が低いこともあるのです。

専業主婦だからこそ、その強みを生かしてカードローンを利用することができると考えてかまいません。もちろん5つのポイントに注意し審査に落ちる可能性を最小限に抑えることが重要です。まずは心にゆとりを持つために審査の前に気を付けたいポイントの知識をしっかりと身に付けておきましょう!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る