低金利で借りれる銀行借入サービス

みずほ銀行カードローンは低金利でいつでも借りれて便利!

「どうしてもまとまったお金が必要」 そんなときに便利なのがカードローンですが、実際に申し込みをするとなると、不安は尽きませんよね。実際は、全然そんなことは無く、困ったときに力になってくれる頼もしい存在です。

みずほ銀行カードローンは、大手銀行のみずほ銀行から出ているカードローン。みずほ銀行のカードローンは最高金利でも14.0%、最低金利がなんと5.0%とかなり良心的な金利設定になっています。

さらに、みずほ銀行カードローンは、便利な自動入金サービスなども利用可能。みずほ銀行カードローンは、利便性の面からも高い評価を受けています。


みずほ銀行カードローンの一押しポイント
  • 金利は3.5%~14.0%
  • 既にみずほ銀行のキャッシュカードを持っている場合、直ぐカードローンを利用可能
  • 最大1,000万円の借り入れが可能
  • 限度額200万円以下の場合、収入証明書不要
  • 申し込み24時間対応
  • みずほ銀行カードローンは入店・郵送無しで利用可能
このように、みずほ銀行カードローンは総合的に見てかなり利便性の高いカードローン。このページでは、みずほ銀行カードローンについて徹底的に調べつくし、実際に電話調査もした管理人が、わかりやすくみずほ銀行カードローンについて解説していきます!


金利と利便性が良いみずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンはコンフォートプランとエグゼクティブプランという2つの種類があり、これによって金利や利用限度額が異なります。

エグゼクティブプランとコンフォートプランの基準金利(年率)
利用限度額/プラン名コンフォートプランエグゼクティブプラン
10万円-100万円金利 14.0%
100万円-200万円金利 12.0%
200万円-300万円金利 9.0%金利 7.0%
300万円-400万円金利 7.0%金利 6.0%
400万円-500万円金利 6.0%金利 5.5%
500万円-600万円金利 5.0%金利 5.0%
600万円-800万円金利 4.5%金利 4.5%
800万円-1,000万円金利 4.0%金利 3.5%

このように、みずほ銀行カードローンのコンフォートプランは幅広い融資額が特徴で、エグゼクティブプランは200万円からの融資が特徴です。エグゼクティブプランは利用可能額が多い分、コンフォートプランと比較して金利が低く設定されています。

さらに、現在みずほ銀行の住宅ローンを利用の方は、みずほ銀行カードローンの基準金利から0.5%引き下げられます!例えば、コンフォートプランの利用限度額100万円で契約する場合、基準金利がマイナス0.5%で13.5%になるのです!

「どちらが得か?」 と言ったら、やはり金利の低いエグゼクティブプランです。しかし、残念ながらこのプランは自分で選ぶことができません。みずほ銀行カードローンの審査結果により、プランが決まります。。

エグゼクティブプランの金利が良すぎて、エグゼクティブプランを利用できなかったら損だと思う方もいらっしゃると思いますが、実はコンフォートプランも他社と比べて金利条件はかなり良いです。

「もしエグゼクティブプランが利用できたらラッキー!」くらいのスタンスで申し込みましょう。


色々選べる借り入れ方法

みずほ銀行カードローンは、ATMとみずほダイレクトを利用して借り入れができます。ATMの場合、Enetマークがある場所、ローソン、セブンイレブンやその他の提携機関で利用可能。また、みずほダイレクトの場合はPC、スマホ、携帯電話、固定電話から借り入れできます。 家の中でも出先でも、どこでも借りれるのはかなりのメリットですね!

即日借り入れの条件

実はみずほ銀行カードローンは即日借り入れが可能。現在、みずほ銀行の口座とキャッシュカードを持っている方が即日借り入れが可能です。

みずほ銀行カードローンからWEBで申し込み、その際にキャッシュカード兼用型を選択しましょう。こうすることで、手持ちのキャッシュカードにカードローン機能が追加されます。

また、収入証明書の提出が不要な200万円以下の融資が即日借り入れの条件です。


WEBでかんたん申し込み

みずほ銀行カードローンは、来店・郵送物不要でWEB申し込み可能。現在みずほ銀行の口座を持っている方でも持っていない方でも、パソコンやスマホなどからWEB完結で申し込みできます。

来店したり、郵便物のためにポストに行く必要がなくなるので、大変便利です。

借り換えしたい。おまとめローンは使える?

「カードローンを何個か使っているけど、金利が高くて返済額が全然減っていかない」

こんなときにみずほ銀行カードローンはぴったり。最高金利でも14.0%と、他と比較して金利が低めに設定されているため、消費者金融などと比較するとかなり返済しやすいです。

ここで、1年間借りたときに、消費者金融とみずほ銀行カードローンでどのくらい利息の差が出るのか見てみましょう。
例)消費者金融:金利17.8%みずほ銀行:金利14.0%みずほ銀行との差
30万円53,400円42,000円11,400円
50万円89,000円
70,000円19,000円
このように、4%程の金利の差が長期的にはかなり大きな差になってきます。

現在、高い金利で複数のカードローンを利用している方は、負債が膨らむ前にみずほ銀行カードローンで借り換えした方が賢い選択です。 さらに、複数のローンを借り換えすると、返済日や金利が一本化できて管理が楽になります。

審査にかかる時間

カードローンの審査にかかる時間は、必ずチェックしておきたいポイントですよね。審査のざっくりとした時間は、以下のようになります。

審査にかかる時間
みずほ銀行の口座を審査完了までの最短時間借り入れまでの最短時間
持っている即日即日
持っていない1-3営業日2-3週間※
※みずほ銀行の口座を持っていない方の場合、店頭に行きみずほ銀行の口座を作り、その際にカードローンの申し込みをするのが最短の方法になります。この場合、店頭での口座開設から約1週間でカードローンが利用できます。

みずほ銀行カードローンに電話で聞いてみたところ、審査完了から借り入れまでの時間は、込み具合にもよるとのことでした。申し込みが混み合っている時期は特に、時間にゆとりを持ったカードローンの申し込みをするのがgoodです。

みずほ銀行カードローンの保証会社

みずほ銀行カードローンの審査は、みずほ銀行とオリコ(株式会社オリエントコーポレーション)によって行われます。

いきなりオリコが出てきてびっくりされた方もいるでしょうが、実はオリコはみずほ銀行指定の保証会社です。みずほ銀行はオリコにあなたの「保証人」の役割を頼んでいます。

オリコは元々カードローンなどを扱う信販会社ですので、その知識を生かして「あなたに融資しても良いのか、するとしたらいくら?」など、あなたを審査する役割を担っているのです。


職場の人にバレたくない!在籍確認はどうする

「カードローンの利用は誰にもバレたくない!在籍確認が嫌」

確かにそうです。ですが、在籍確認は避けて通れぬ道。いくら嫌でも受けなければならないものですので、ここは受け入れましょう。

まず最初に、「バレたくない」という問題ですが、大丈夫。在籍確認の際の電話は、個人名でかかってきます。また、オペレーターの人はあなた以外に「カードローンの確認」なんて言いませんので安心してください。

みずほ銀行カードローンは、あなたとみずほ銀行2者の契約。つまりみずほ銀行は、あなたの家族であっても個人情報をもらすことはありませんので大丈夫です。

また、在籍確認の理由としては、あなたが勤務先に勤めているかどうかですので、あなた自身が直接電話を取る必要もありません。違う人が出て、「○○は外出中で、△時に戻る予定です」これだけでも、あなたが在籍しているという証明になるのでOKです。

無理なく返せる返済額

みずほ銀行カードローンの返済方式は、残高スライド方式。これは、利用残高に応じて支払金額が調整され、返済が進めば進むほど毎月の返済額が減るという仕組みです。

利用限度額が200万円未満か以上で、返済額が異なります。違いを以下にまとめましたので、ご覧ください。

利用限度額が200万円未満利用限度額が200万円以上
毎月10日の利用残高毎月の返済額毎月10日の利用残高毎月の返済額
1万円未満前月10日現在の利用残高1万円未満
前月10日現在の利用残高
1万円-50万円以下1万円1万円-100万円以下
1万円
50万円-100万円以下2万円100万円超-200万円以下
2万円
100万円以上利用残高50万円毎に1万円を追加200万円以上利用残高100万円毎に1万円を追加
このように、わかりやすい返済額に設定されています。

返済方法とみずほ銀行カードローンで気を付けること

みずほ銀行カードローンの返済方法は3種類もあります。特に忙しい方には、かなり便利です。方法によってはなんと24時間対応!


みずほ銀行カードローンの返済方法

1.自動引き落とし
前月10日の利用残高に応じて、毎月10日と11日の間の夜にみずほ銀行の返済用普通預金口座から引き落とされます。

2.ATMで好きな時に返済
ATMから好きなタイミングで返済が行えます。

3.みずほダイレクトでの返済
PC,スマホ、携帯電話、固定電話から24時間、返済可能です。

このように3つの返済方法がありますので、日中忙しい方でも無理なく返済することが可能。

また、支払い日の前日に「あっ!まだみずほ銀行の口座にお金を入れてない!」と気づいた場合でもセーフです。(可能であれば、余裕を持って入金しておきましょう)

残高を確認したいとき

残高は提携ATMかみずほダイレクトで確認できます。みずほダイレクトは24時間、いつでも利用可能。出先で残高が知りたくなったときにも便利です。

みずほ銀行カードローンの引き落とし時間

この章の冒頭でお話しした通り、引き落としは毎月10日と11日の間の夜に行われます。それ以前に、返済額をみずほ銀行カードローンの返済用普通預金口座に入れておきましょう。

引き落としは毎月10日ですので、最悪遅くとも10日の夜以前に入金を済ませればOK。とはいっても、焦るとろくなことはありません。可能であれば、前もって入金するよう心がけましょう。

一括で返済したいとき

「元金+利息の一括返済をしたい場合は、どうすれば良いの?」 ボーナスなど臨時でお金が入ってきたら、できたらみずほ銀行カードローンも一括で返済したいですよね。

そのような場合は実は、近くのみずほ銀行必要があります。先に返済の手段としてお話しした、ATMやみずほダイレクトでは一括返済は受け付けていないので、少し面倒ですが店頭で一括返済の手続きを行いましょう。

逆に返済が遅れそうだったらどうする?

返信が遅れそうだったら、正直にみずほ銀行カードローンの窓口に電話しましょう。「たまたま入金を忘れてしまった」「激務で」やむをえない事情があることもあります。

しかし、その事情を話したり、誠意を見せないと、みずほ銀行としては何もわかりません。「決まった日に返してくれない。何かあったのか?」と信頼が崩れてしまう原因にもなりかねません。

そのため、どうしても遅れてしまうような場合には、出来るだけ早く電話をして、誠意を見せることが大切です。

増額申請をしたいとき

みずほ銀行カードローンの増額をして、利用可能額を多くしたい場合は、増額申請を行いましょう。増額申請をすると、みずほ銀行はあなたを再審査します。その審査がOKであれば、あなたのみずほ銀行カードローン利用可能枠が増額されます。

また、増額の方法は2つあります。

  • 自分から申請をする
  • みずほ銀行カードローンから増額のお便りがくる

自分から増額申請をする際は、みずほ銀行カードローンの利用と延滞無く返済しているという実績が必要になります。一般的には、最低半年は、信用を積むのが良いと言われています。

もう一つは、あなたが良いお客さんだとみずほ銀行に判断された場合です。その場合、「この人はみずほ銀行カードローンをよく利用してくれいて、かつ誠実な人だ」ということで、案内が届きます。

増額審査に通る人とは

実際、増額審査に通る人の明確な基準は明かされていません。ですが、通る人には共通点があります。これをフォローしていれば、増額審査に通りやすいといえます。

  • みずほ銀行カードローンを頻繁に利用している
  • 延滞無く返済している
  • 信頼を半年~1年以上積んでいる
まとめると、信用のあるお客さんということになります。

このように、増額審査に通る特別な方法はありません。誠実にみずほ銀行カードローンを利用・返済するだけで、増額審査に通りやすくなるのです。

専業主婦は使えるの?

「みずほ銀行カードローンは魅力的だけど、専業主婦は利用できるの?」

はい。実は利用できます!みずほ銀行カードローンは、総量規制※の対象外だからです。そのため、収入の無い専業主婦でも、旦那の安定収入があることを前提として借り入れできます。

みずほ銀行カードローンは金利も低めに設定されていますので、返済金額を生活費から捻出しなければならない専業主婦にとってもかなり嬉しいですよね。

※総量規制とは
年収の3分の1を超える借り入れを規制する法。消費者金融、クレジットカード会社、質屋、信販会社などの貸金業者からの借り入れが対象です。銀行は貸金業者ではありませんので、総量規制対象外なのです。

みずほ銀行カードローンは総合的にかなりおススメ

以上、みずほ銀行カードローンについて詳しくお話してきましたが、ここでもう一度ポイントをおさらいしていきましょう!

  • みずほ銀行カードローンは最高金利14%と低め
  • 利用可能枠は10万円-1,000万円
  • 24時間借り入れ・返済が可能
  • エグゼクティブプランとコンフォートプランはどちらも条件としては良い
  • みずほ銀行の口座を持っている場合即日、持っていない場合最短1週間で利用可能
  • WEB申し込みで来店・郵送不要

このように、みずほ銀行カードローンは最大金利14.0%と借りやすいカードローンになっています。また、忙しくてなかなかまとまった時間が取れない方でも、みずほダイレクトならどこでも借り入れ・返済が可能です。

借りやすく、返しやすいみずほ銀行のカードローン。あなたもぜひ、申し込みしてはいかがでしょうか。

みずほ銀行の公式サイトはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る